わかりやすく説明することの難しさ

私達夫婦は趣味でトロンボーンを演奏しています。
先日、トロンボーンの演奏会と楽器の試奏会に行ったとき、プロ奏者が妻の使用していたファインセラミックスのマウスピースを見て質問をしてきました。
「セラミックスとファインセラミックスに違いはあるのですか」
「このマウスピースの場合、アルミナ96%以上で、焼成温度1600°Cで焼いて8時間以上磨き、艶をだして出来上がります」
「焼いたものは削れるのか」
「ダイヤモンドでなければ削ることはできない為、焼成前にNC旋盤で加工しますが、焼成後、2割程縮みます」
などの話を20分ほどした後で、セラミックスはガラス、ファインセラミックスはルビーと例えれば良かったかと思いました。
自分ではわかっていることであっても、いざ、相手に理解してもらえるように説明することが大変なことだと気づかされた1日でした。

※セラミックスとファインセラミックスについて
セラミックス製品は、陶石、長石、粘土などの天然鉱物を用いて混合し、成形、焼成します。それに対しファインセラミックス製品は、高純度の天然原料や人工原料、天然には存在しない化合物を使い、これらの原料を調合することにより、目的とする性質を持つ物質にすることができるのです。複雑な工程を経て、高度な寸法精度、高機能を備えた製品になります。

プレス部署 MM

前の記事

福利厚生とコーヒーメーカー

次の記事

準備することの大切さ