MENU

製品開発ストーリー

創業当初は資金難に悩まされ、築炉の請負や投資額の少ない鋳込み成型で事業を継続しながら困難を乗り越え、堅実に技術の蓄積を行ってきました。その間にお客様の信頼を獲得しながら徐々に設備投資を行い、焼成炉、加工機、プレス機、造粒機、研磨機等の製造設備を充実して行きました。

また技術はより磨き上げられ、それらを組み合わせることで高い付加価値が生まれることにより、事業もようやく軌道に乗り始めます。しかしその後もバブル経済の崩壊やITバブル、リーマンショックなどもあり、幾度となく経営危機を経験しましたが、皆様にお力添えをいただきながら今日の事業にまで発展することが出来ました。

現在では、当社のコア技術である、小型部品の精密メカプレス、プラント向け触媒担体の造粒は、他社にはないユニークな技術を有しており、また、それらを実現する豊富な知識や設備類は、成形から検査まで一貫した対応を可能にし、製品立ち上げ時の少数試作から量産までをお客様に最適な方法でバックアップいたします。

まもなく創立半世紀を迎えるにあたり、セラミックメーカーとして、より技術の研鑽に励み、より付加価値の高いモノづくりに没頭したいと思います。

コラム

PAGE TOP