ディズニーランドと目標の実現

先日、久しぶりに東京ディズニーランドに遊びに行ってきました。
相変わらずの人手で園内は混雑しており、35年たった今でも人気が高いことを伺わせます。
アトラクションの列に並びながら、ふと「何故ディズニーランドはこんなに高い人気が持続するのだろう?」と考えてみました。
一般的に言われるように確かに園内で働いているキャストと呼ばれる人たちは教育が十分行き届いているように感じますが、園内を見回してみて最も強く感じたのは、キャッチコピーにある「夢と魔法の王国」の実現を徹底している事ではないかと思います。
園内には様々な建物があり35年たった今でも古臭さを感じさせず、園内にいるだけでも楽しいですし、食事をしていてもそれぞれのテーマに沿った食事を提供しています。
そして何より他のテーマパークと違い、園内からはビルなどの外の景色が見えないことで、その世界観に深く浸れるのだろうと考えられます。
長く、多くの人から愛されるものを作るには、社員一人一人の教育はもちろんの事、しっかりとした目標と数々の工夫が必要なのだと改めて気付かされました。
当社においても、「WIN-WIN+1」を徹底して実現して、お客様や従業員と地域社会から喜んでもらえる会社を目指したいと思います。

前の記事

猛暑と水分補給

次の記事

空飛ぶタイヤと信頼関係