中途採用面接

私は、中水野工場勤務の求人募集で、中途入社希望者の面接を担当することがあります。
来社される多くの方が、当社のホームページを事前に閲覧して、面接に臨まれます。ホームページ掲載のコラムや社員ブログも社員全員が持ち回りで書いているので、当社社員の考え方、仕事内容や職場の雰囲気を感じてもらえればと思います。
採用する当方としても、事前にホームページを見ていただいていると面接時の質疑応答が円滑に進みます。

面接では、会社の事業内容を説明し、製造しているセラミック製品を見てもらうことがあります。
実際に実物を見て、非常に小さいセラミック部品が、プレス成型により作られていることに皆、驚かれます。

面接終了時に私は必ず、「何か質問はありますか?」とお尋ねしています。
志望動機や自己アピールを一生懸命されていても、最後の質問に「大丈夫です」「特にありません」と返答があると、「本当に当社への入社意志があるのか」、「当社に興味を持っていないのか」と疑問を感じ残念に思います。
当方としては、意気込みや発想力を見極めたいという思いがあります。

昨今、少子高齢化・人口減少の下、人手不足感が強まっています。売り手市場になり、働く側はより良い職場を求めて転職しやすくなりましたが、一方で、転職を繰り返すケースも多くなり、企業への定着率が低くなっています。
当社は、主力社員の高齢化・事業拡大に伴い、新規中途採用を積極的に行っています。ホームページにて求人・採用情報を記載していますが、急募の場合はハローワークを通じて求人募集を行うこともあります。
企業の持続的成長には、人材の確保と定着率を高めることが必要であり、経営資源において、人材(社員)が最上位であると認識しています。

柿野事業所においても、順調に業績を伸ばし続けており、事業拡大による工場増設のため、土地の造成工事が進行中です。
現在、柿野事業所で勤務していただける求人3~5名ほど募集しています。
セラミック製品にご興味をもたれた方は、ぜひご応募ください。

中水野工場 経理 T.S

前の記事

造粒について

次の記事

一塊のゴムと侮るなかれ