仕事と趣味の共通点

自分の趣味は鮎釣りです。六月頃から十月ころまでが釣りの期間です。
それに向かって、今から仕掛けの準備をしています。
準備が大切な事は、仕事でも変わりありません。仕事でも段取りをして、問題なく、支障がでないよう準備する必要があります。

釣りでは、情報収集=新聞の釣り欄のチェック、テレビ・インターネットでの釣り情報を参考に計画を立てて出発をします。
仕事では、朝礼で一日の予定を確認し、上司からの注意などを参考にして、仕事を進めていきます。

釣りではよくあることですが、周りの人は釣れていて、自分は全くという状況があり、焦って頭の中が混乱するときがあります。趣味では良いですが仕事では問題です。
そんな時はいったん落ち着いて、自分で解決出来るか、誰かに相談をして問題を解決するかを判断し、進めて行っています。

探してみれば共通点が多くある趣味と仕事ですが、意外な所でも趣味と仕事は繋がっています。

当社は極小部品を製造するセラミックメーカーで、中水野工場では、アルミナ耐摩耗部品である釣り具のラインガイド(糸道)を製造しています。
趣味の釣り具の部品に会社製品が使用されていることに親しみを感じます。

釣りも仕事も体力を使います。齢六十二になり、少しずつ体の動きや頭の働きも若い頃のようにはいかなくなってきました。
少しでも長く、怪我なく、体力の持つ迄、鮎釣りも仕事も頑張っていきたいと思います。

柿野事業所
製造課 K.K.

前の記事

セラミックメーカーと環境問題