健康経営の取り組み

「健康経営」とは、社員の健康の維持・増進が企業の生産性や収益の向上につながるという考え方に立って、経営的な視点から、社員の健康に配慮することで、企業の継続的な成長の実現をめざしていこうとする取り組みです。

社員の健康が損なわれると集中力の低下や欠勤が増え、生産性が低下し、結果的に企業収益も低下し、社員の離職率も増加することになります。
「健康経営」が生産性の向上、会社のイメージアップにつながることや、経済産業省が「健康経営優良法人制度」を中小企業にまで広げて推進していることから、
健康経営に取り組む企業が年々増えてきています。

近年、長時間労働が社会問題となっています。また、将来、少子化がさらに進み、労働人口の減少がほぼ確実となります。人手不足・人材不足は企業にとって避けられないこととなり、社員の高齢化が進むにつれて、健康リスクも高くなります。

極小セラミック部品製造を得意とする当社は、製造業界においても時間外労働が極めて少ない会社です。社員は会計処理上、費用項目に分類されますが、当社では最も重要な資産であると認識しています。

当社では、社員に健康・生活習慣のアンケートを実施し、必要な課題や改善すべき点を把握し、施策を決めて実行していく取組みをしています。
社員が健康で長く勤務してもらえるように環境を整備して「健康経営」を推進していくことが、働きやすい職場づくりになると考えています。

中水野工場 経理 T.S

次の記事

柿野事業所の逆さ紅葉