健康経営優良法人2021の認定

当社は経済産業省が推進している健康経営を2019年から導入し、社員の健康に対する意識(健康であることが重要)が、89%(2019年度)から91%(2020年度)へ2ポイント上がりました。
「健康経営優良法人2020」の認定を受けたことで良い結果となりました。

健康経営優良法人の認定を受けるには、一年更新で、毎年申請書の提出が必要となり、厳正な審査に適合しなければなりません。そのためさらに健康経営の精度を高めることが求められます。「2020」に引き続き、健康経営により、企業の継続的な成長の実現をめざしていくために、「健康経営優良法人2021」の認定にチャレンジしました。

今回もアクサ生命のサポートにより、健康習慣アンケート調査からスタートして、実態の把握、分析をしました。健康づくりのWEBセミナー視聴、健康経営サポートパッケージ等の配布、パート社員も含む全社員の健康診断、健康に関するチラシの回覧掲示など、評価項目の実践に取り組んできました。
さらに、新型コロナウイルス感染症対策、禁煙、マスクの配布、アルコール消毒の徹底、インフルエンザ予防接種代金の一部補助も新たに実施してきました。

特に、新型コロナウイルス感染症対策には費用が発生し、また実施日程の変更を余儀なくされる状況もありましたが、コロナ禍において、2年連続して「健康経営優良法人2021」に認定されました。

社員の皆様のご協力に大変感謝しています。

中水野工場 経理T.S

前の記事

ふたつの技