社員に空調服支給

温暖化の影響で夏の暑さが年々厳しくなっています。
近年、猛暑日という言葉を頻繁に耳にするようになりました。
8月も終わりになり、燃え盛る夏の日差しも、ようやくやわらいできたようです。

柿野事業所では、熱中症対策として、ウオータークーラーを設置していましたが、今年夏、新たに空調服の導入をしました。
空調服は、腰部分にある小型ファンで、衣服の中に外気を取り入れ、体に大量の風を送って汗を気化させ、その気化熱で涼しさを体感できる作業服です。

柿野事業所勤務者のほぼ全社員に支給したため、経費がかさみましたが、暑い中での作業はどうしても注意散漫になりがちです。事故が起きないように、また熱中症にならないように、リスク管理も大切なことです。

安全性を考慮し、福利厚生を充実していくことが、作業の質向上になり、働きやすい職場づくりになると考えています。

中水野工場 経理 T.S