東海自然歩道

私は今から10年程前、運動といえばゴルフしかやっていませんでした。
ゴルフに行けばカートに乗ることが多く、少し歩いただけで直ぐに息切れていました。

そんな時、瀬戸市の岩屋堂(愛知高原国定公園)の散策コースを歩いてみようと思いつき、岩屋堂を一望できる岩巣山の展望台に登ってみました。
初めは展望台までの所要時間20分を30分以上もかかって登頂していましたが、10回・20回と回数を重ねることにより20分を切り15分が切れるようになりました。

何回か登っているうちにそこが東海自然歩道の一部だと知り、ネットで検索したら、東海自然歩道は、静岡県から大阪まで続いているのを知りました。
次に東海自然歩道の地図を探し、地図を確認して、自分で目標を決め、明治村の横にある入鹿池から豊田市足助の香嵐渓までの77.4Kmを自分の足で歩いてみようと思いつき挑戦を始めました。

最初は、岩屋堂を起点として北へ白岩の里までの往復、次に南の雲興寺までの往復し、目的地到着時には次の目的地に進むための駐車スペースを確認して戻ってきました。
その場所、場所での思い出があり、道に迷って道を尋ねた事、山頂で出会った方との会話、すれ違った方との挨拶、同じ山を何百回と登っている方など、沢山の方と話す機会がありました。

いろいろな経験(険しい坂道、平坦な道のり、急な下り坂、目的地まで到着できなかった時、膝が痛くなった時など)その時々の状況を判断し歩みを進めました。
目標を達成するのに3~4年かかりましたが、目標を達成したときに感動もありました。

休みの日は家でゴロゴロという過ごし方のほうが、仕事の疲れをとることができると思っている方も多いかもしれませんが、休みの日はアクティブに過ごす方が、精神的な疲労回復には良いらしいです。

疲れにくい体を作ることができれば、仕事の効率化を図ることができますし、健康であれば、社員育成のため、まだまだ会社に貢献できると考えています。
無理せず、「休日の楽しみ」として、ウォーキングを生活に取り入れてみるのはいかがでしょうか。

中水野工場 検査・出荷部署 M.M

前の記事

愛車の無料点検

次の記事

自分へのご褒美